PR

 不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」運営のLIFULL(ライフル)が、ブロックチェーンを使って不動産情報を共有する実証実験を近く始める。将来は民間事業者同士が不動産情報をブロックチェーンで共有する仕組みを構築し、業界全体の効率化と市場活性化につなげる考えという。

 空き家情報、修繕・リフォーム履歴、住宅評価情報、広告履歴など、官民のデータベースに散在する不動産情報をブロックチェーンに集約し、事業者間で共有できるようにする。まずはLIFULL1社で実験し、有用性が証明できれば複数の民間事業者が情報を共有できるデータベース基盤の構築を目指す。

(出所:LIFULL)
(出所:LIFULL)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験はシステム開発のカイカ、ブロックチェーンソフト開発のテックビューロと共同で実施する。LIFULLが不動産関連情報のデータを提供し、カイカが技術支援、テックビューロが技術基盤の提供を担う。

 将来は登記簿謄本や契約書、公的証書などの共有も視野に入れる。ただし実現には法務局や関連省庁などとの協議が前提になるという。