PR

 ソフトバンクグループは2017年9月19日、10兆円規模の投資ファンド「SoftBank Vision Fund」(SVF)を通じ、チャットツール「Slack」を手掛ける米スラック・テクノロジーズに出資したことを明らかにした。スラック・テクノロジーズの今回の調達額は2億5000万ドル(約280億円)。ほかのベンチャーキャピタル(VC)も参加したが、SVFの主導で出資額の大半はSVFによるものとみられる。

 海外メディアなどによると、スラック・テクノロジーズは日本を重要な市場と考えており、年内にも本格進出する計画。日本オフィスは設置済みで、日本語版も年内に投入する予定という。SVFの出資により、ソフトバンクと連携した展開も加速しそうだ。

 スラック・テクノロジーズを巡っては、米Amazon.comが同社を買収するとの報道も出ていた。