PR

 NTTレゾナントは2017年9月20日、同社が提供する旅行比較サイト「goo旅行」において、チャットボットでの対話を通じてユーザーに旅行先を推薦するサービスの提供を開始した。人工知能(AI)がgoo旅行に登録がある宿泊施設や観光施設、レストランなどを選んで提示する。

チャットボットの画面
チャットボットの画面
(出所:NTTレゾナント)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやPCのWebブラウザーからチャットボットの画面を開くと、AIがユーザーの気分や興味を尋ねてくる。ユーザーは表示される選択肢を選ぶか自由に文章を記述して回答する。複数の質問に答え終わると、その回答内容に合った旅行プランをAIが推薦する。ユーザーはgoo旅行を通じて施設を予約できる。

 このサービスを実現するに当たり、同社は「教えて!goo」「gooブログ」の記述内容や「goo旅行」「goo地図」の位置情報を含む複数のデータベースを深層学習に入力し、その結果を活用した。NTTグループが持つAI技術「corevo」も利用した。

 発表会でNTTレゾナントの鈴木基久メディア事業部ポータルサービス部門長は「旅行だけでなく、gooの他サービスについても対話型ユーザーインタフェースを導入していく」と方針を話した。

NTTレゾナントの鈴木基久メディア事業部ポータルサービス部門長
NTTレゾナントの鈴木基久メディア事業部ポータルサービス部門長
[画像のクリックで拡大表示]