PR

 Preferred Networks(PFN)は2017年9月20日、深層学習(多層のニューラルネットによる機械学習)の研究開発に使うスーパーコンピュータを構築し、同月に稼働させたと発表した。

 米エヌビディアのGPU「Tesla P100」を1024個搭載している。GPU個数でみると、東京工業大学の最新スパコン「TSUBAME3.0」の半分ほどの規模になる。「民間企業のプライベートな計算環境としては、国内最大級」(PFN)という。

 PFNはこのスパコンを活用し、同社が開発する深層学習フレームワーク「Chainer」の高速化や、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケア分野の研究開発を加速させる。

 理論上のピーク性能は4.7ペタFLOPS(1秒当たり浮動小数点演算性能)。スパコンの性能ランキング「TOP500」最新版では30位ほどに相当する。NTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズのGPU基盤を採用。PFNの並列分散学習技術「ChainerMN」を活用できるようにした。将来は、次世代GPU「Volta」ベースの「Tesla V100」の導入を検討するという。