PR

 NECは2017年9月26日、メインフレーム「ACOS」シリーズの大型機の新製品「i-PX9800/A200」を発表した。12月1日に出荷を開始する。

NECのメインフレーム「ACOS」大型機の新版「i-PX9800/A200」
NECのメインフレーム「ACOS」大型機の新版「i-PX9800/A200」
出所:NEC
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサは前機種のi-PX9800/A100と同じ「NOAH-6」を搭載する。プロセッサ制御処理の最適化で前機種よりも処理性能を10%向上させた。オンライン処理のスループット向上のため、データベース更新ログ出力の並行動作性も強化した。このほか、実装の高密度化で設置面積を最大33%削減した。

 新機能として、遠隔地からACOSシステムを制御する「リモートOPS機能」を実装した。例えば、電源のオン・オフ、システムの起動・停止、コマンド制御などを行える。1台のPCで複数拠点のACOSをまとめて管理できる。ACOSと米Salesforce.comのPaaS「Force.com」を連携させる「クラウド連携ソリューション」も新たに提供する。具体的には、オープンサーバー上で動作するESBソフト「WebOTX Enterprise Service Bus」を利用して、APIを介したデータ連携を実装できるようにする。

 価格は月額910万円から。利用を災害時だけに限ることで、大幅に利用料を引き下げる災害対策用モデルの提供も開始する。