PR

 ソフトバンクは2017年10月17日、Android搭載スマートフォンの端末価格を最大半額とする「半額サポート for Android」の提供を11月上旬以降に始めると発表した。同様プログラムは、iPhone向けに「半額サポート for iPhone」の名称で提供済み。Android端末にも対象を広げ、端末の買い替え促進と囲い込みの強化につなげる。

 半額サポート for Androidでは、対象機種を48カ月の分割払いで購入。25カ月目以降に機種変更すると残債の支払いが免除されるため、端末価格が「最大半額」となる。月月割(端末購入補助)もそのまま適用される。プログラム料は無料。25カ月目までは分割払いの負担が続くが、1年で機種変更を可能とする「1年買い替えオプション」も用意する。

 適用に当たっては、「データ定額サービス」または「パケットし放題フラット for 4G/4G LTE」への加入が条件となる。機種変更の際に端末は回収され、新たに「半額サポート for Android」「半額サポート for iPhone」「機種変更先取りプログラム」のいずれかに加入する必要がある。発表時点の対象機種は「Xperia XZ1」「AQUOS R」「AQUOS R compact」の3機種で、順次拡大していく。