PR

 ソフトバンクは2017年10月25日、新宿タカシマヤにおいて消費者参加型ものづくりプラットフォーム「+Style」の新製品発表会を開催し、17の製品と2つの企画を追加すると発表した(写真1)。

写真1●「+Style」の新製品を発表するソフトバンク テクノロジーユニット 技術戦略統括 IoT事業推進本部 事業企画統括部 担当部長の近藤正充氏(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●「+Style」の新製品を発表するソフトバンク テクノロジーユニット 技術戦略統括 IoT事業推進本部 事業企画統括部 担当部長の近藤正充氏(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は従来のオンライン販売に加え、10月25日から31日までの期間限定で、新宿タカシマヤ1階「ザ・メインスクエア」にて販売する(写真2)。

写真2●新宿タカシマヤ1階の「+Style」販売エリア
写真2●新宿タカシマヤ1階の「+Style」販売エリア
[画像のクリックで拡大表示]

周辺機器やスマホ、タブレットなど多彩な新製品が登場

 「STIKBOX(スティックボックス)」は、自撮り棒を内蔵したiPhone用ケース(写真3)。背面に折りたたまれた部品を伸ばすことで自撮り棒として利用できる(写真4)。Bluetoothシャッターを搭載。スマホスタンドとしても機能する。イスラエルのベンチャー企業が開発した。11月下旬以降に発売する。

写真3●自撮り棒を内蔵したiPhoneケース「STIKBOX」
写真3●自撮り棒を内蔵したiPhoneケース「STIKBOX」
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●パーツを伸ばしていくことで自撮り棒になる
写真4●パーツを伸ばしていくことで自撮り棒になる
[画像のクリックで拡大表示]

 「nemonic(ネモニック)」は、付箋紙を印刷できる小型プリンター(写真5)。スマホアプリと連携し、手書き文字や写真を入れられる。テンプレートも利用できる。感熱紙を利用しておりトナーは不要。展示会の「CES」やグッドデザイン賞などを受賞した。価格は本体が1万7064円、200枚の付箋紙カートリッジが1080円(いずれも税込)。

写真5●付箋紙を印刷できる「nemonic」
写真5●付箋紙を印刷できる「nemonic」
[画像のクリックで拡大表示]