PR

 スカパーJSATおよびNTT東日本、NTT西日本の3社は2017年11月16日、2018年12月1日に実用放送の開始を予定するBSデジタル放送/110度CSデジタル放送の4K・8K放送のうち、BS右旋4K放送について「フレッツ・テレビ」などのFTTHサービスにおいて12月1日の提供開始を予定すると発表した。

 今回の発表は、「フレッツ・テレビ」や光コラボレーション事業者が提供するテレビサービス、スカパーJSATがマンション向けに提供する再送信テレビサービスが対象。2018年12月1日からパススルーによる提供開始を予定する。これにより、現在フレッツ・テレビなどのFTTHサービスを利用してBS放送を視聴している戸建て住宅および集合住宅では、実用放送に対応する4Kテレビまたは4Kチューナー(いずれも2018年の夏から秋ころに商品化の見込み)を購入することでBS右旋4K放送を視聴できるようになる。

 なお、フレッツ・テレビなどFTTHサービスにおけるBS/110度CS左旋4K・8K放送への対応については、現在検討中という。

[発表資料へ]