PR

 KDDI(au)は2017年11月22日、英会話教室などを展開するイーオンホールディングス(イーオンHD、岡山市)を買収すると発表した。同日、株式譲渡契約を締結し、2018年1月22日を目途にイーオンHDの全株式を取得する予定という。買収額は非公開としているが、数百億円規模とみられる。

 KDDIは今回の買収を契機に教育市場に本格参入する。イーオンHDは全国で英会話教室を運営するほか、語学教材の制作や販売などを手掛ける。KDDIによると外国語教育は今後も需要の高まりが期待できるという。イーオンHDの人材(教師)や教材、サービスなどにKDDIの技術を組み合わせ、教育とICTを組み合わせた「EdTech」を推進する。今後、AI(人工知能)技術を活用した学習カリキュラムの最適化支援、VR(仮想現実)技術活用のバーチャル英会話プログラムなどのサービスを検討していく。

 KDDIは通信市場の成熟化を受け、金融や決済、保険、電気、物販など幅広いサービスを手掛ける「ライフデザイン企業」へのシフトを打ち出している。2019年3月期を最終年度とした3カ年の中期経営計画では、5000億円のM&A(合併・買収)枠を用意した。