PR

 東レは2017年11月28日、同社の子会社である東レハイブリッドコード(THC)が、製品の検査データを不正に書き換えていたことが判明したと発表した。顧客に納入する製品の検査成績書に記載するデータを書き換えていたという。

 書き換えたのは、THCが本社工場で生産する補強材(コード)の品質検査のデータ。該当製品は、タイヤメーカーや自動車等部品メーカー、製紙用フェルトメーカーなど13社の顧客に納入するタイヤコードや自動車用ホース・ベルト用コード、製紙用コード。

 約4万件のデータを調査した結果、149件の書き換えが見つかった。顧客との間で取り決めた規格から外れたデータを規格内のデータに書き換えていた。書き換えていた期間は2008年4月から2016年7月まで。

[プレスリリース]