PR

 「FREETEL」ブランドでスマートフォンの製造・販売を手掛けるプラスワン・マーケティングは2017年12月4日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。帝国データバンクによると、債権者は約185人、負債は約26億円。

 プラスワン・マーケティングは2017年11月、MVNO(仮想移動体通信事業者)として展開する格安SIMの通信事業を5億2000万円で楽天に譲渡したばかり。端末事業(開発・生産・販売)に専念することで再起を目指していたが、資金繰りが悪化して民事再生法の申請を決めた。同社の「とりかえ~る」「特別買取サービス」「PREMIUM端末補償」「FREETEL Coin」などのサービスについては利用の受け付けを停止した。

 同社は事業の再生に向け、ITソリューションを手掛けるMAYA SYSTEM(東京・新宿)と基本合意書を締結し、協議を進めていることも明らかにした。スポンサーとして正式に決まり次第、今後の展開を含め、改めて報告するとしている。

[画像のクリックで拡大表示]