PR

 スパコン開発ベンチャーPEZY Computingの齊藤元章社長ら2人を東京地検特捜部が逮捕したと2017年12月5日、複数の報道機関が報じた。容疑は経済産業省が管轄する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成金約4億円を不正に受給したというもの。

 PEZY ComputingはNEDO助成事業として、2012~2013年度に戦略的省エネルギー技術革新プログラム/実用化開発「バンプレス3次元積層技術を用いた省電力メニーコアプロセッサの開発」に採択された。この成果として独自プロセッサ「PEZY-SC」を開発したとしている。

 続くプロセッサ「PEZY-SC2」もNEDOの「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」(課題名「非接触型磁界結合通信を用いた高密度実装プロセッサデバイスの開発」)の支援を受けて開発。さらに同プロセッサを搭載し2017年11月のTOP500ランキング4位となったスパコン「Gyoukou(暁光)」の開発には、文部科学省系の国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「産学共同実用化開発事業(NexTEP)未来創造ベンチャータイプ」(課題名「磁界結合DRAM・インタフェースを用いた大規模省電力スーパーコンピュータ」)の支援をPEZYグループ企業のExaScalerが受けている。