PR

 まず、イメージに合う画像が見つかりにくい。ネット上の雑多な画像が検索対象になるため、例えば「サーバー」というキーワードで検索すると、検索結果の上位にビールサーバーの写真がヒットする。個人が手持ちのデジタルカメラで撮ったと思われる写真も多く、ビジネスでは使いにくい。

 さらに困るのが、著作権の問題だ。表示されるのはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで使用条件が記載された画像だけだが、条件の詳細は掲載元のWebページを見に行かなくては分からない。

 またそもそも、その画像自体が著作権者に無断で公開されている可能性がある。国内のWebサイトなら運営者名などから信頼性をある程度判断することもできるが、海外のWebサイトとなると難しい。

過去のファイルから収集、不足分は信頼できるサイトから入手

 こうしたことから、記者はBingイメージ検索は全く使っていない。代わりに行ったのは、自分が過去に作成したPowerPointファイルを漁ることである。マイクロソフトによれば、既にダウンロード済みのクリップアートを使い回すことには問題はないという。

 そこで過去のファイルを開き、今後も使いそうなクリップアートがあれば右クリックして「図として保存」を実行。この方法で、特定のフォルダーにクリップアートをため込んだ(画面2)。

画面2●過去のファイルからかき集めたクリップアート
画面2●過去のファイルからかき集めたクリップアート
[画像のクリックで拡大表示]