PR

 なぜ、モバイルSuica以外の用途では、利用が進まなかったのか。一つには、モバイルSuicaと他の用途の利用スタイルが違うから、と記者は考えている。モバイルSuicaは、歩きながら自動改札機を通過するため、手に持っている携帯電話をそのままかざして通過できるのは大きなメリットだ。一方で会員カードは、レジの列で立ち止まっているうちにカードを財布から取り出せばよく、あえて携帯電話に組み込む意味は乏しい。

 Apple Payの仕組みは、非接触通信と決済、そしてクーポンや会員カードの代替となる「Passbook」を組み合わせたサービスで、日本のおサイフケータイと相似形だ。Apple Payが当面Type A/Bを採用するとすれば、FeliCaの高速性を前提としたモバイルSuicaの導入は難しい。とすれば、Passbookによるポイントやクーポンとの連携があり得るところだが、あのおサイフケータイですら利用者数を伸ばせなかったところ、日本の利用者はApple Payに魅力を見いだせるかどうか、疑問と言わざるを得ない。

 以上、「Apple Payが日本で普及するのは難しい」ことの理由をつらつらと述べてみたが、実は「もしアップルが、身を切る形で何か奇策を出すとしたら…」と密かに期待もしている。

 例えば「決済時の加盟店手数料を、Apple Payに限っては大幅に引き下げる」、あるいは「Apple Pay対応のリーダー端末をアップルが無償で提供する」など、これまで説明した日本固有の事情を大胆に破壊するような奇策をアップルが見せれば、普及の目が出てくるかもしれない。

 ただこれでは、アップルに外圧の役割を期待するようで、気が引ける話である。もっと楽しい話になるよう、これからも考え続けてみたい。せっかくアップルがくれた、日本への面白い宿題なのだから。