PR

 2015年も残りわずか。この1年、「記者の眼」でアップルの製品やサービスについていろいろと書いてきた。今年最後の本コラムもアップルの話で締めたいと思う。

 その前に、今年1年の同社の製品投入の動きをざっと振り返っておこう()。

表●2015年におけるアップルの主な動き
3月Apple Watch、MacBook発売
5月15インチMacBook Proと27インチ5K iMacをアップデート
6月WWDC(世界開発者会議)2015開催、Apple Music提供開始
9月iPhone 6s/6s Plus発売、iOS 9、OS X El Capitan、watch0S 2リリース
10月21.5インチ4K iMac発売、Apple TV発売
11月iPad Pro発売

 このほかにも、四半期ごとの業績発表や周辺製品の発売、OSのマイナーアップデートなどがあったが、一般ユーザーの目を引く動きという意味では、こんなところだろう。

 1年を通して見れば、「Apple Watch」のような全くの新ジャンルから、「MacBook」「iPad Pro」のような既存ジャンルの中での新提案、ラインアップ強化まで、かなり充実した内容だったことが分かる。

緒に就いたばかりのApple Watch

 このうち、筆者が今年実際に購入したアップル製品は、「Apple Watch」(Sport)と「Apple TV」だ。「Apple Music」も、3カ月間の無料トライアルの後、解約せずに有料サービスを使い続けている。それぞれの満足度を100点満点で採点すると、Apple Watchが60点、Appe TVが50点、Apple Musicが80点といったところか(写真1)。

写真1●2015年のアップル関連お買い上げは、この3点。
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●2015年のアップル関連お買い上げは、この3点。
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●2015年のアップル関連お買い上げは、この3点。
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●2015年のアップル関連お買い上げは、この3点。
左から「Apple Watch」「Apple TV」「Apple Music」。予算との兼ね合いもあるので、これ以上はどのみち無理だったかも…。(出所:アップル)