PR

テレビは社会の声を映し出せない

 ただこれが本当に「テレビの力」と言えるのか。あるいはこれまで同様に、それを言い続けられるのか。筆者は疑わしい状況が生じていると考えている。

 今回の一連の騒動は、新聞や雑誌、テレビなど伝統的なマスメディアを中心に展開し、ネットはそれを追いかける側に回った。これは、マスメディアの取材力や発信力の強さもさることながら、情報の発信源であるジャニーズ事務所が、ネットに対して以前から一貫して距離を置いてきたことも関係しているだろう。

 それもあってかネットでは、一連の解散騒動に対して違和感を示す意見が当初から多く見かけた。

 そして今回の生中継が終わった後、SMAP存続を祝う声よりも、違和感が嫌悪感に転化した非難の声が、一斉に広がった。筆者が目にした限りだが、それらの意見は、「日本の芸能界はブラックな世界だ」「公開処刑のようだ」といった、かなり強烈な拒否反応も散見された。

 従来であれば、一部の先進的ネット利用者による反発として片付けられたのかもしれない。しかし本件は、「イヤなものを見せられた」という印象が、ネット利用の深浅にかかわらず、社会全体に幅広く形成されたように思える。スマートフォンによってネットが完全に普及した今、ネットはむしろ従来のマスメディア以上に「社会全体の声」でもある。

 仮にそうだとすると本件を分水嶺として、テレビの社会的な存在意義がいよいよ問われるようになるのかもしれない。芸能界と一体となったテレビは、もはや社会全体の声を映し出せなくなっている。放送翌日には、放送倫理・番組向上機構(BPO)のWebサイトがつながりにくくなった。これも視聴者の異議申し立ての一環に思える。SMAPの今後は、筆者にも分からない。ただ業界関係者はもとより規制当局側も、テレビの将来を見据えて本件の行方を注視すべきだろう。