プログラミング抜きの書籍制作なんて考えられない

カーソルキー(←/→)でも操作できます