PR

有休の連続取得者には1万円を支給

 「仕事が好きな人が多く、早く帰るのはなかなか難しいという声もあったが、そう言っていては何も変わらない。部長以上の管理職が全員参加する会議で徹底を呼びかけた」と、執行役員・総務部部長の櫻井康裕氏は話す。同氏自身も、職員の退社状況を見届けつつ、早めに切り上げて同僚と飲みに行く計画を立てていた。

午後4時ごろに羽田を出発する飛行機に乗って週末を福岡で過ごそうと、キャリーバッグを引いて会社を後にする社員もいた(写真:日経アーキテクチュア)
午後4時ごろに羽田を出発する飛行機に乗って週末を福岡で過ごそうと、キャリーバッグを引いて会社を後にする社員もいた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
プレミアムフライデーの営業時間を伝える梓設計のホームページ(資料:梓設計)
プレミアムフライデーの営業時間を伝える梓設計のホームページ(資料:梓設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社ではプレミアムフライデー以外にも、働き方の改善に力を入れている。例えば5年ほど前から、10日以上の有給休暇を持っている社員を対象に、有給休暇や代休、土日を合わせて連続5日以上の休みを取る場合に、1万円の奨励金を支給している。有給休暇の取得を促すためだ。