PR

第三弾は自力で設計

(a)ゲームのアイデアスケッチ
(a)ゲームのアイデアスケッチ
[画像のクリックで拡大表示]
(b)得点表示部の回路図
(b)得点表示部の回路図
[画像のクリックで拡大表示]
図2 アイデアから回路図へ
(a)はゲーム「ブロック崩し」を思いついたときのスケッチ。(b)は得点表示部の回路図。いずれも任天堂の六楽内彰次が描いた。

 「カーレース 112」用LSIの開発でカンをつかんだ六楽内らは、第三弾の「ブロック崩し」では、ゲームのアイデアをもとに自力でブレッド・ボードを作りあげ、回路図を三菱電機に持ち込んだ(図2)。

 400個くらいの標準論理ICを使ってプレッド・ボードを作る。ボールを動かすには、まずボールを表示する回路を作り、さらに動かす回路を実現する。六楽内らはこうした作業を楽しみながら進めていった。

 次に完成した回路図を三菱電機に持って行き、LSIのパターン設計に入る。当時はまだCADを使っていなかった。OR回路やインバータといった回路のセル・パターンを一つひとつ方眼紙に書き、それを組み合わせて設計を進めた(図3)。

 「ブロック崩し」は専用LSIを使った家庭用ゲーム機の集大成ともいえる製品だった。当時、任天堂のハードウエア技術者はそのままソフトウエア技術者でもあった。自分でアイデアを出して、回路図を書き、ハードウエアを作る。「ブロック崩し」はそうした製品の典型といえた。

 業務用ゲーム機で人気になったゲームはすべて、専用LSIを使って家庭用に置き換えようと六楽内らは意気込み、さらに開発を続けた。

図3 LSIのパターンも設計
図3 LSIのパターンも設計
任天堂の六楽内彰次は、回路図をLSIに集積するときのセルのパターン図まで描いた。一人で、ゲーム・デザインからLSI設計までをこなしたことになる。こうしてファミコン用LSIを設計できる技術者が育った。
[画像のクリックで拡大表示]