前ファミコン時代、ライバルは価格戦略に目を丸くした

図1 専用LSIゲーム機の第二弾、第三弾を発売 写真左は1978年に発売した「カーレース 112」。価格は1万8000円。写真右は1979年に発売した「ブロック崩し」。価格は1万3500円。「ブロック崩し」の外観デザインは「スーパーマリオ」の作者として有名な宮本茂。当時、宮本は工業デザイナとして勤務していた。
図1 専用LSIゲーム機の第二弾、第三弾を発売
写真左は1978年に発売した「カーレース 112」。価格は1万8000円。写真右は1979年に発売した「ブロック崩し」。価格は1万3500円。「ブロック崩し」の外観デザインは「スーパーマリオ」の作者として有名な宮本茂。当時、宮本は工業デザイナとして勤務していた。

カーソルキー(←/→)でも操作できます