PR

シリーズ展開、十字ボタンが登場

 ゲームの操作ボタンに十字ボタンを使い始めたのは、1981年である。業務用で流行していたゲーム「ドンキーコング」をゲーム&ウォッチに移植したときに採用した。

 業務用のゲーム機では、登場するキャラクタの移動方向を指示するのに、一般にジョイスティックを使っている。細い金属の棒の先に付いた球を握って移動さ せ、キャラクタを動かすのである。これをそのまま小さなゲーム&ウォッチにもってくるわけにはいかない。そこで登場したのが、4方向への移動を指示できる 十字ボタンである。十字ボタンは特許となり、ファミコンやゲーム・ボーイに受け継がれることになる。

 ただし、すんなり十字ボタンが登場したわけではない。まず女性の乳房のような形をしたボタンを試作した。「乳房の先をキュッ、キュッと押したら操作できるだろう思ったけど、試作したら思った通り動かせなかった」(横井)。続いて平たい板を試作したが、これも失敗した。「結局、画面を見ていたら、どこを押さえているのかを確認するためにボタンを見るといったことはしない。十字ボタンにすると、いちいち目で確認しなくても指の感触で方向がわかる」(横井)。これが、約1週間の試行錯誤で導かれた結論である。

 この十字ボタンは、ゲーム機の左側についている。本来、複雑な動作を指示するボタンは、右側についているのが自然である。右ききの人が多いからだ。一方、当時の業務用のゲーム機は、ジョイスティックが左についていた。ゲーム&ウォッチでもとりあえず業務用のゲーム機に倣って、十字ボタンを左側に配置することにしたという。横井自身も、「感覚的には右側にあるのが普通だと思う。ゲーム&ウォッチ以降、今日まで左に十字ボタンを付けるのがテレビ・ ゲーム機の流れになってしまった。おかしな話だ」と語る。