PR

 養豚生産のグローバルピッグファームは、養豚の出荷予測にAzureの機械学習サービス「Azure Machine Learning」を活用した。従来1カ月だった予測誤差を、14日まで改善できた。開発過程ではアルゴリズムの選定や予測精度の向上などに苦労するも、約半年で予測モデルのAPI化まで完了。試験導入終了後に再燃した豚の感染症などの影響により、プロジェクトは一時中断しているが、2~3年後に増設予定の自社農場では、機械学習を含む最新技術の導入を見込む。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する