PR

 オートバックスセブンは2018年3月、会計と物流システムのオンプレミス(自社所有)環境としてハードウエア一式を設置し、運用や監視を委託していた外部データセンターの利用を終えた。いずれもAWSへ移行した(図1)。

図1 SAPの会計システムや独自開発の物流システムをAWSに移行
図1 SAPの会計システムや独自開発の物流システムをAWSに移行
[画像のクリックで拡大表示]

 会計システムが欧州SAPのERP(Enterprise Resources Planning)パッケージを利用していたのに対し、物流システムは独自開発したものだ。データベースはいずれもOracle DBを利用する。

 同社がAWSへの移行を決断した理由は二つある。一つはITコストの削減だ。IT戦略部の伊藤伸夫 部長は「小売りの売上高に対し、2%弱にまで増えたITコストの削減が課題だった」と話す。

 ハードウエア保守の更新期限が迫っていたのも理由の一つだ。「オンプレミス環境のままだと、ハードウエアの新規購入やソフトウエアのバージョンアップに伴う保守・運用に多くのコストが掛かる。そこで同じデータセンターを利用していた会計、物流システムをクラウドに移行する案が出た」(IT戦略部の五孝 明氏)。

 2017年4月に、オンプレミス環境とクラウドでの運用コスト比較などを実施した(図2)。

図2 AWS移行の主な経緯
図2 AWS移行の主な経緯
[画像のクリックで拡大表示]

 五孝氏は「実績やユーザー数の多さを評価し、AWSの採用を決めた」と語る。