PR

 Webサイトのレスポンスが速くなるほど、ページビューが増加し、カスタマーエクスペリエンスが向上し、商品購入などのコンバージョン率も高まる。このことが多くの調査で明らかになっています。

 今回はこれまで改良を加えてきたコーポレートサイトのパフォーマンスをさらに高めるため、AWSのCDN(Content Delivery Network)サービスを利用してコンテンツ配信を高速化する方法を解説します。

 一般にCDNは世界中に設置されたデータセンターに、コンテンツをキャッシュすることにより、そのコンテンツをリクエストしたユーザー(リクエスター)に低レイテンシーで配信する仕組みです(図1)。

図1 CloudFrontによるキャッシュの効果
図1 CloudFrontによるキャッシュの効果
[画像のクリックで拡大表示]

 AWSは「Amazon CloudFront」と呼ぶCDNサービスを提供しています。CloudFrontの導入に、アーキテクチャーの変更は必要ありません。CloudFrontのセットアップとDNS(Domain Name System)の変更をすれば済みます。

 簡単にDNSを変更するため、ここではAWSのDNSサービスAmazon Route 53を利用します。Route 53では、ドメイン管理などを簡素化できます。

 CloudFrontとRoute 53の機能を詳しく見ていきましょう。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い