PR

 Webサイトの応答性能の向上で効果が大きいのが、CDN(Content Delivery Network)だ。AWSではAmazon CloudFrontが該当する。これと、DNS(Domain Name System)のAmazon Route 53を組み合わせて用いることにより、性能向上、特定ユーザーへのアクセス許可、国別の接続先制御、フェイルオーバーなどが可能になる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料