PR

 「Azure 仮想ネットワーク (VNet)」は、Microsoft Azureクラウド内にユーザー固有のネットワーク環境を作り出すことができる。このネットワークでは、IPアドレスブロックやDNS設定、セキュリティポリシー、およびルートテーブルなどを制御できる。Azure上で作成したAzure仮想マシンやクラウドサービスで利用されるサービスである。

 VNetを利用するメリットは、後述する接続方式を用いることで、ユーザー企業のオンプレミス環境に設置したサーバーとVNetに接続されたAzure仮想マシンが通信できることだ。これにより、ユーザーや企業はオンプレミス環境に加え、Azure 仮想マシンを含めたハイブリッドクラウド環境を実現することが可能となる。

 Azureは各種リソースをデプロイ(配備)するに当たり、2種類のモデルをサポートしているので留意したい。

 旧来の「Azureポータル(Azure サービス管理、ASM)」から仮想マシンを作成する場合、接続先のVNetを指定する必要はなかった。しかし、「新Azureポータル(Azureリソースマネージャ、ARM)」から仮想マシンを作成する場合には、接続先を指定する必要がある。指定しない場合は新たなVNetが作成され、自動的に追加される。