日経FinTech



第1章 北米

Payoneer

2019年11月01日(金)
日経FinTech編集部

Payoneer:国境を越えた送金サービスを提供する。200カ国以上で150の通貨を利用し、35言語をサポートする。世界17カ所に拠点があり、400万人以上の顧客を抱えるという。SWIFTなどに比べて手数料が安く、着金までにかかる時間が短いのが特徴。2017年秋には英国ロンドンに新たにオフィスを設置したほか、2019年もビジネス拡大策を進める予定。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。