日経FinTech



第1章 北米

Propel

2019年11月01日(金)
日経FinTech編集部

Propel:米国の低所得者層が対象となる食料費補助対策(フードスタンプ)に関するソフトフエアを運営する。受給者は、EBTと呼ばれるカードに政府からの補助金が毎月チャージされる。「Fresh EBT」はEBTの利用管理のほかに、スーパーマーケットなどで使えるクーポンの獲得や求人募集への応募が可能。全米で150万人以上の利用者を抱える。2018年12月には1280万米ドルの資金を調達した。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。