日経FinTech



第1章 北米

Ripple Labs (旧Ripple)

2019年11月01日(金)
日経FinTech編集部

Ripple Labs (旧Ripple):ブロックチェーン関連技術を使って国際送金を低コストかつスピーディーに実現する技術を開発している。ビットコインでは通常1時間以上、イーサリアムでも2分以上かかるとされる取引確定処理が、同社の技術を使うと4秒で完了するという。アジアでのリップルネットワーク普及を目指すSBI Ripple Asiaには、日本のメガバンクも参加している。このほか、送金ネットワークで活用するための仮想通貨としてXRPの開発も主導している。金融包摂プロジェクトの支援プログラムである「Ripple for Good」もスタートした。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。