日経FinTech



取引所運営は夜も眠れぬリスク 元MTGOX社長が見る仮想通貨の今

トリスタン・テクノロジーズ 取締役 兼 最高技術責任者 マルク・カルプレス 氏

2019年09月02日(月)
岡部 一詩=日経FinTech、田中 淳=日経FinTech

 2014年に約480億円分の仮想通貨(暗号資産)流出を招き、経営破綻した取引所の「Mt.Gox(マウントゴックス)」。同社を経営していたマルク・カルプレス氏は業務上横領などの罪で逮捕された。2019年3月に判決が下り、業務上横領や特別背任については無罪になった。現在はオンラインストレージなどを手掛けるトリスタン・テクノロジーズでCTO(最高技術責任者)を務める。カルプレス氏に事件の経緯や相次ぐ仮想通貨流出について聞いた。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:テクノロジー

日経FinTech:その他