日経FinTech



ゼンリンなどがブロックチェーン技術の商用化を検討、不動産情報の共有基盤目指す

2018年06月27日(水)
下玉利 尚明=タンクフル

 地図情報を手掛けるゼンリンや不動産ポータルを運営するLIFULLなど6社は2018年6月22日、ブロックチェーン技術を活用した不動産情報の共有プラットフォームの商用化に向けた共同検討を開始したと発表した。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:テクノロジー

IT経営