日経FinTech



Amazon Payのパートナー旧NIPPON PAY、高木社長に債権差押命令

2018年11月19日(月)
岡部 一詩,原 隆

 決済業界に動揺が広がった。2018年10月中旬のことだ。キャッシュレス決済関連の事業を手掛ける複数の企業に、1通の書面が届いたためだ。差出人は、京都地方裁判所。ある人物の債権を差し押さえたため、同人物に対する債務を支払ってはならないという内容だった。いわゆる債権差押命令である。差押命令を受けた債務者の欄には「高木純」の名前が記してあった。NIPPON Platform(旧NIPPON PAY、2018年9月25日に社名変更)の代表取締役社長を務める人物だ。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:スタートアップ

日経FinTech:法律/官公庁