日経FinTech



店舗提示型「JPQR」の本格運用開始、13種類の決済サービスが対応

2020年04月28日(火)
翁長 潤=フリーランス

 経済産業省は、コード決済の統一規格「JPQR」の店舗提示型に関する本格運用を開始したと発表した。LINE Payやメルペイ、d払い、au PAYなど10種類の決済サービスが対応済み。このほかPayPayは2020年7月、ファミペイは同年10月、楽天ペイは同年冬ごろに対応する予定。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:法律/官公庁

日経FinTech:テクノロジー