日経FinTech



損保ジャパンがIoT活用の保険を開発、故障予兆し修理を補償

2020年09月03日(木)
翁長 潤=フリーランス

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)と自動車向けのセンサーなどを開発するアルプスアルパインは2020年9月1日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)センサー連動型の保険商品における共同開発を同年8月から開始したことを発表した。製造業向けに、センサーで故障予兆を検知した際の補償サービスを提供する仕組みを構築する。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:金融機関

日経FinTech:テクノロジー