日経FinTech



米Visaと米PayPalが提携強化、リアルタイムの送金サービスをグローバルで展開

2020年09月18日(金)
宮崎 恵子

 米Visaと米PayPalは2020年9月10日、送金サービスにおいてグローバルパートナーシップを強化することを発表した。PayPalは送金された資金に短時間でアクセスできるサービス「Instant Transfer」を米国内などで提供しているが、Visaの決済プラットフォーム「Visa Direct」を用いてグローバルに展開する。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:海外動向

日経FinTech:テクノロジー