日経FinTech



SWIFTが次世代送金プラットフォームの新戦略、サービスを送金プロセス全体に拡大

2020年09月25日(金)
宮崎 恵子

 国際決済ネットワークを運営するSWIFT(国際銀行間通信協会)は、次世代送金プラットフォームについて今後2年間の新戦略を発表した。送金メッセージの処理に加えて送金プロセス全体の透明性を高める、送金プラットフォームの可用性と安全性を維持する、という2点を戦略の柱とする。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:海外動向

日経FinTech:金融機関