日経FinTech



米Rippleが国際送金に貸越枠サービスを追加、中小企業の資金調達を支援

2020年10月14日(水)
宮崎 恵子

 ブロックチェーン技術を用いた送金ネットワークを運営する米Rippleは2020年10月8日、国際送金において貸越枠サービス「Line of Credit」のパイロット運用を開始したと発表した。法人向けのサービスで、中小零細企業が運転資金を柔軟に調達できるようにする狙いだ。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:海外動向

日経FinTech:テクノロジー