日経FinTech



TECHNOLOGY

規制対応コストの低減へ 必要性高まる「説明できるAI」

RPAの次へ、Graph Analyticsや機械学習に高まる期待

2019年09月02日(月)
鍋島 四郎=日本IBM リスク管理&コンプライアンスコンサルティングアソシエイトパートナー

 欧米金融機関が「Explainable AI(説明できるAI)」を、規制対応領域で導入し始めた。日本でも今後、需要が高まると想定される。Graph Analyticsや機械学習など代表的な技術を解説する。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

TECHNOLOGY

日経FinTech:テクノロジー

日経FinTech:金融機関