日経FinTech



COLUMN

変革の持続こそDXの要諦

レガシー脱却は目的にあらず ソフト工学の知見を生かせ

2020年11月30日(月)
鷲崎 弘宜=早稲田大学 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長 基幹理工学部情報理工学科 教授

 経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」は、「2025年の崖」というフレーズとともに日本でDX(デジタル変革)への関心が高まる大きなきっかけとなった。私は委員として次のバージョンの作成に関わり、特に「DXをどのように加速していくか」を議論するワーキンググループの座長を務めている。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

COLUMN

日経FinTech:テクノロジー

日経FinTech:その他