PR

携帯電話大手3社が6月中旬に定時株主総会を終え、有価証券報告書を公開した。この中で株式の評価損で特に目立ったのがNTTドコモだ。過去のものとなった新規事業に区切りを打つための損失処理を3つの関連会社で実施したことが判明した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料