PR

(2000.8.23)
 米Inprise/Borlandが米国時間8月22日に,Itaniumプロセサを搭載したシステム向けに同社の製品をポーティングする計画を明らかにした。Intel社の開発者会議「Intel Developers Forum 2000」(IDF)で発表したもの。

 対象となるのはJava統合開発環境の「Borland JBuilder」, EJBとCORBAに対応したアプリケーション・サーバ「Inprise Application Server」,CORBA ORB準拠のミドルウエア「VisiBroker for Java」,Pure Javaベースのデータベース管理ソフトウエア「JDataStore」。これらの製品を,米IBMが提供するJava 2バージョン1.3準拠のランタイムが動作する64ビット版Windows 2000と64ビット版Red Hat Linuxに対応させる。

 Intel関連の情報やx86プロセサの情報は,『x86の未来』サイト(http://bizit.nikkeibp.co.jp/it/x86/index.html)で詳しくお読みいただけます。

 Windows 2000の技術・製品・市場に関する情報は『Windows 2000』サイト(http://bizit.nikkeibp.co.jp/it/w2k2/index.html )で詳しくお読みいただけます。

 Linuxの技術・市場・産業関連の詳しい情報は,『Linux』サイト(http://bizit.nikkeibp.co.jp/it/linux/)でご覧頂けます。

 Java関連の技術・製品・市場に関する情報は『日経Javaレビュー』サイト(http://www2.nikkeibp.co.jp/Java/)で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
MicrosoftとIntel,Itanium向け64ビットWindows対応製品の開発支援強化
MicrosoftとIntelなど,Itanium対応64ビットWindowsの実性能を披露へ
MicrosoftとIntel,SunGard,64ビットWindowsの金融向けアプリで協力

[発表資料へ]