(2000.8.25)
 米Ford Mortorsのディーラ組織「Ford Dealer Council」が米国時間8月25日に,インターネットをベースとする新会社を設立すると発表した。名称は「FordDirect.com」。

 Ford Dealer Councilは,Ford社の乗用車やトラックを取り扱う全米4200社のディーラが構成する組織である。新会社に対してはFord社も出資を行うが,経営権はディーラ組織が握る。なお出資比率などの詳細については明らかにしていない。

 新会社の経営陣は今後新会社の役員会で決定するという。人材は,ディーラ組織やFord社から選出し,電子商取引に長けた人材も起用するとしている。電子商取引のプラットフォームの開発に関しては,米Trilogy Software(本社テキサス州オースチン)があたる。

 FordDirect.comは,WWWサイトを通じて,Ford社の新車購入を希望する消費者に対して24時間年中無休のサービスを提供する。車種の決定から価格,ローンなどの情報,購入手続きの開始,納車スケジュールといったディーラによる一貫したサービスをオンラインで受けられる。実際の売買契約は,消費者が選択したディーラとの間でオフラインで行うことになる。もちろん交渉途中や購入後もオフラインによるサポートは受けられる。

 FordDirect.comの本格的なサービスは今年9月から始まる予定である。当初のサービス対象地域はカリフォルニア州に限定されるが,2001年には全米に展開していく計画を立てている。

[

  • 発表資料へ]