市場調査会社の米ActivMedia Researchは米国時間10月3日,電子商取引市場に関する利用動向の調査結果「Real Numbers Behind E-Transactions, Fraud & Security」を発表した。

 Webベースの電子商取引を行なっている事業者を対象に聞き取りを行ったこの調査結果によれば,電子商取引によらない従来の取引方法による取扱高は年率5~10%程度伸びる見込み。これに対して,電子商取引による取扱高は年率2ケタ成長が確実で,100~150%の伸びが期待できるとする回答者も多数あった。電子商取引による取扱高の高い伸び率は,少なくとも今後3年間は持続するという見方も多かったという。

全文は,「電子商取引(EC)」サイト(http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ec/)でご覧いただけます。