PR

 マイクロソフトは12月3日,同社製品の修正パッチを適用するためのWebサイト「Windows Update」に障害が起きたことを公表した。同サイトにアクセスしてパッチを適用しようとすると,「Windows Update にエラーが発生しました。要求されたページは表示できません」というエラー・メッセージが表示される場合がある(写真)。現在のところ(12月3日21時),同社は原因を調査中。【12月4日追記】12月4日にマイクロソフトに問い合わせたところ,現在(正午時点)も調査中であるという。

 回避策として,通常のWindows Updateとは異なるURL「https://v4.windowsupdate.microsoft.com」にアクセスすること,あるいは「自動更新」機能を利用することを挙げている。これらを実施すれば,「Windows Update にアクセスできる場合があります」としている。

◎参考資料
トラブル・メンテナンス速報

(勝村 幸博=IT Pro)