PR

 mozilla.orgは米国時間1月15日,Webブラウザやメール・ソフトを含むアプリケーション・スイート「Mozilla」の最新版「Mozilla 1.6」を公開した。新版ではNTLM認証機能が追加あるいは強化されたほか,特定の状況でMozillaが落ちてしまう「クラッシュ・バグ」が多数修正された。

 mozilla.orgのサイトミラー・サイトmozilla.org日本語版のサイトなどからダウンロードできる。

 ダウンロードできるMozillaは英語版だが,設定を変更すれば日本語環境でも利用可能である。変更の手順は次の通り。「Edit」メニューから「Preferences」を選択した後,左側に表示される「Category」ウィンドウ中の「Appearance」項中の「Fonts」を選択する。そして,右側に表示される「Fonts for:」の部分で「Japanese」を選択する。加えて,「View」メニューから「Character Coding」を選択すると表示される「Auto-Detect」 を「Japanese」に設定する(関連記事)。

◎参考資料
Mozilla 1.6
Mozilla 1.6 リリースノート
Rough Changelog for Mozilla 1.6 (about 1,000 issues)
ftp.mozilla.org mirrors

(勝村 幸博=IT Pro)