PR

 アイオナテクノロジーズは2004年3月末にも,日本でJBossのサポート・サービスを開始する。問い合わせに回答するサポート・サービスのほか,専門の技術者を派遣するプロフェッショナル・サービスや教育サービスも提供する。

 アイオナテクノロジーズは,通信ミドルウエアなどを開発販売しているアイルランドIONA Technologiesの日本法人。JBossは,オープンソースのJavaアプリケーション・サーバーである。大規模システム向け機能であるEJBにも対応しており,無償で使用できることなどから米国で普及が進んでいる。JBossを開発した中心メンバーが米国で商用サポートを提供する企業JBoss Groupを設立している。IONA Technologiesは2003年11月,JBoss Groupと提携し,米国などでJBossのサポート・サービスを提供していた。IONA Technologiesの日本法人であるアイオナテクノロジーズでも,今回JBossの有償サービスを開始する。

 ただし,日本では米国と比べJBossの普及が進んでおらず,有償サポートを提供している企業も野村総合研究所ソフトエイジェンシーなどまだ数少ない。そのため,アイオナテクノロジーズではJBossの普及活動も行っていく方針で,2004年3月16日にはJBossの事例や技術動向を紹介する無料セミナーの開催を予定している。

(高橋 信頼=IT Pro編集)