PR

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月13日,IEEE 802.11/802.11b/802.11gで通信を行う無線LAN機器には,サービス妨害(DoS)攻撃を受ける危険性があることを警告した。特定の電波を送信されると,正常な通信ができなくなる可能性がある。

 IEEE 802.11gを使う機器では,20Mビット/秒以下で通信している場合のみ影響を受ける。IEEE 802.11aおよび20Mビット/秒以上で通信しているIEEE 802.11g機器は影響を受けない。

 この問題はプロトコルの仕様が原因なので,修正パッチ(ソフトウエア)などは存在しない。該当する機器に妨害電波を送られないようにするしかない。JPCERT/CCでは,無線LANの電波の到達範囲を確認して,可能であれば範囲を狭めるなどの対策を施すよう勧めている。

 なお,5月12日時点,この問題を悪用した攻撃は報告されていないという。

◎参考資料
IEEE 802.11 DSSS 無線機器における DoS の脆弱性(JPCERT/CC)
Denial of Service Vulnerability in IEEE 802.11 Wireless Devices(AusCERT)

(勝村 幸博=IT Pro)