PR

 ソフトイーサは8月30日,同社のVPNソフト「SoftEther」による通信を検出するソフトウエア「SoftEther Alert」,自動的に遮断するソフトウエア「SoftEther Block」の無償提供を開始したことを明らかにした。同社のサイトからダウンロードできる。

 SoftEther Alertはネットワーク型IDS(侵入検知システム)として動作する。トラフィックのパターンから,SoftEtherによる通信なのか,それ以外のアプリケーションによる HTTPS 通信であるかを自動的に判別し,SoftEtherによる通信の場合にはアラートをあげる。 Windows 2000/XP/Server 2003 および Linuxで動作する。

 SoftEther Blockはブリッジとして動作する“透過型”ファイアウオール。SoftEtherによる通信を自動的に遮断する。Linux 2.4.20 以降のカーネルに対応したモジュールとして提供する。

 一部のファイアウオール製品やIDS製品はSoftEtherに対応しているものの,同社では,「誤認識することなく確実に検出/遮断できる」「SoftEtherプロトコルが大幅に変更された場合には,速やかにアップデートされることが期待できる」――ことをSoftEther AlertとSoftEther Blockの利点として挙げている。

◎参考資料
SoftEtherによる通信を検出または自動遮断するソフトウェア"SoftEther Alert" および "SoftEther Block" の無償提供を開始(ソフトイーサ)

(勝村 幸博=IT Pro)