PR

 マイクロソフトは9月15日,Windows XP/Server 2003やInternet Explorer(IE),Officeなどに見つかった危険なセキュリティ・ホールを公開した。細工が施されたJPEGファイルを含むWebページやHTMLメール,フォルダ,文書ファイルなどを開くだけで,任意のプログラムを実行させられる恐れがある。深刻度は最悪の「緊急」。対策は,「Windows Update」「Office アップデート」などを利用してパッチを適用すること。影響を受けるソフトウエアすべてにパッチを適用する必要がある。

 今回,WindowsやOfficeなどに含まれる画像処理用プログラム(ライブラリ)「GDI+(Gdiplus.dll)」にセキュリティ・ホールが見つかった。GDI+のJPEG画像処理ルーチンにバッファ・オーバーランのセキュリティ・ホールが存在する。このため,細工が施されたJPEGファイルを読み込むとバッファ・オーバーフローが発生し,JPEGファイルに仕込まれた任意のプログラムをそのユーザーの権限で実行させられる。

 GDI+を使ってJPEG画像を処理するすべてのソフトウエアが影響を受けるので,さまざまな攻撃方法が考えられる。細工を施したJPEG画像をWebページやHTMLファイル,Office文書に貼り込んでおけば,それらを開いただけで被害を受ける。また,細工を施したJPEG画像をあるフォルダに置いておけば,Windowsエクプローラでそのフォルダを指定しただけで被害を受ける。

 影響を受けるOSは,Windows XP/Windows Server 2003(Windows XP SP2は影響を受けない)。アプリケーションとしては,Office XP/Office 2003,Visio 2002/2003,Visual Studio .NET 2002/2003,Picture It! シリーズ,IE 6 SP1,.NET Framework version 1.0/1.1など。これら以外にも影響を受ける製品があるので,詳細は同社のセキュリティ情報を参照してほしい。

 対策はパッチを適用すること。セキュリティ・ホールがあるGDI+は,今回「影響を受けるソフトウエア/コンポーネント」とされた製品すべてに含まれる。このため,「影響を受けるソフトウエア/コンポーネント」のすべてに,それぞれの修正パッチを適用する必要がある。例えば,Office XPをインストールしたWindows XPマシンのユーザーは,Office XPとWindows XPのパッチ両方を適用する必要がある。

 影響を受けるソフトウエア/コンポーネントすべてにパッチを適用する具体的な手順は「絵でみるセキュリティ情報 MS04-028 : Windows の重要な更新」に詳しい。まず,Windows Updateを使って,WindowsやIE,.NET Frameworkのパッチを適用する。その後,Officeユーザーは,「Office のアップデート」を利用して,OfficeやVisioなどのパッチを適用する(「Officeのアップデート」の使い方は,「Office アップデートを行う」を参照)。そして,Windows UpdateやOfficeのアップデートで適用できないパッチ(Picture IT!やVisual Studio .NETなどのパッチ)は,セキュリティ情報のページなどからダウンロードして適用する。

 なおマイクロソフトでは,これらのパッチをすべて適用しても,セキュリティ・ホールが残っている可能性があるとしている。サードパーティが作成したソフトウエアにGDI+が含まれている場合があるからだ。その場合には,その開発ベンダーに問い合わせる必要がある(詳細は「マイクロソフト セキュリティ情報 (MS04-028) : よく寄せられる質問」を参照のこと)。

 今回のセキュリティ情報の公開とともに,マイクロソフトではGDI+を検出するツールを公開した(現在は英語情報のみ)。パッチの適用漏れをチェックするために利用できる。

◎参考資料
JPEG 処理 (GDI+) のバッファ オーバーランにより、コードが実行される (833987) (MS04-028)
マイクロソフト セキュリティ情報 (MS04-028) : よく寄せられる質問
絵でみるセキュリティ情報 MS04-028 : Windows の重要な更新
マイクロソフト サポート技術情報 - 873374 Description of the Microsoft GDI+ Detection Tool: September 14, 2004

(勝村 幸博=IT Pro)