PR

 独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)は12月22日,Linuxディストリビューションの新版「KNOPPIX3.7日本語版」を公開した。KNOPPIXは,CD1枚で起動する1CD Linux。産総研で日本語化を行ったほか,Windowsファイル・システムへのインストーラ作成,Windows上で動作するためのcoLinuxへの対応などを行った。

 KNOPPIX3.7では主要なモジュールのバージョン・アップが行われている,カーネルは 2.4.27または2.6.9のいずれかを選択できる。デスクトップ環境はKDE 3.3.1。ネットワーク経由でマシンを利用するシンクライアント・サーバーはFreeNX 0.2.5を採用している。

 KNOPPIX3.7日本語版では,日本語フォントを「東風フォント」から「さざなみフォント」に変更した。東風フォントの開発が停止しているためだ。また,fontconfig.xftのBold patchを適用して日本語boldを有効にするなど,細かなバージョン・アップやパッチ適用などが行われている。

 従来版同様,Windowsファイル・システムへのインストールや,coLinuxによるWindows上での動作が可能になっている。

(高橋 信頼=IT Pro)